大阪、北区梅田のオーラソーマ®、クリスタルヒーリング、AEOS、チャクラトリートメント、アンコンシャスカラー®、数秘、タロット、西洋占星術 スクール&身体と心のためのスピリチュアルサロン 隠れ家的な静かな完全予約制の女性専用サロン

アートを楽しむ

大阪市北区のスピリチュアルサロン&スクール主宰ギータの日記

こんな時だからこそアートを

「節制」1470年ピエル・デル・ポッライオーロウフッツィ美術館蔵水差し、壺、水は節制のアトリビュート。中世、節制は禁酒。飲み過ぎずほどほどにを表すのにワインに水を入れて薄める絵が描かれています。何事もほどほどに、ね。タロットにはこの「節制」が…

こんな時だからこそアートを

「節制」1470年ピエル・デル・ポッライオーロウフッツィ美術館蔵水差し、壺、水は節制のアトリビュート。中世、節制は禁酒。飲み過ぎずほどほどにを表すのにワインに水を入れて薄める絵が描かれています。何事もほどほどに、ね。タロットにはこの「節制」が…

こんな時だからこそアートを

【こんな時だからこそアートを】「剛毅」1470年ボッティチェリ7つの美徳のひとつ。ボッティチェリの出世作。これがきっかけでメディチ家はじめパトロンが増えていくことに。本当は7つの美徳全部を描くはずだったのですが、先輩のポッライオーロに反対され彼…

こんな時のだからこそアートを

【こんな時だからこそアートを】「東方三博士の礼拝 」1619年ディエゴ・ベラスケス 203 x 125cm 油彩ブラド美術館所蔵ベラスケス20歳の時の作品。救世主イエスの誕生を告げる星をみた東方の3人の博士。占星術師ですね。彗星を目印に礼拝。博士たちの贈り物は…

こんな時のだからこそアートを

【こんな時だからこそアートを】「東方三博士の礼拝 」1619年ディエゴ・ベラスケス 203 x 125cm 油彩ブラド美術館所蔵ベラスケス20歳の時の作品。救世主イエスの誕生を告げる星をみた東方の3人の博士。占星術師ですね。彗星を目印に礼拝。博士たちの贈り物は…

こんな時だからこそアートを

『眠るジプシー女』1897年アンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソーニューヨーク近代美術館 税関史で、日曜画家だった素朴派のルソー。代表作は50歳代退職以降に描かれたのですが。この作品はルソーが生まれ故郷に寄贈しようとして断られた曰く付き。詩的で…

こんな時だからこそアートを

『眠るジプシー女』1897年アンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソーニューヨーク近代美術館 税関史で、日曜画家だった素朴派のルソー。代表作は50歳代退職以降に描かれたのですが。この作品はルソーが生まれ故郷に寄贈しようとして断られた曰く付き。詩的で…

こんな時だからこそアートを

「星月夜」1889年フィンセント・ファン・ゴッホニューヨーク近代美術館ゴッホの有名な作品ですね。療養で入院中に見た夜の風景が基になった作品。星と月が夜空に輝き、画面全体が波だち、空と地をつなぐのは背の高い糸杉。美しく静かな夜だけれど、ずっと眺…

こんな時だからこそアートを

「星月夜」1889年フィンセント・ファン・ゴッホニューヨーク近代美術館ゴッホの有名な作品ですね。療養で入院中に見た夜の風景が基になった作品。星と月が夜空に輝き、画面全体が波だち、空と地をつなぐのは背の高い糸杉。美しく静かな夜だけれど、ずっと眺…

こんな時だからこそアートを

『富嶽三十六景』江戸時代後期 葛飾北斎浮世絵師北斎の名所絵集の一つで、代表作ですね。富士山はいつの時代も名所なんですね。浮世絵は、19世紀後半のヨーロッパでジャポニスムと呼ばれ人気となり、印象派の絵画によく登場してます。

こんな時だからこそアートを

『富嶽三十六景』江戸時代後期 葛飾北斎浮世絵師北斎の名所絵集の一つで、代表作ですね。富士山はいつの時代も名所なんですね。浮世絵は、19世紀後半のヨーロッパでジャポニスムと呼ばれ人気となり、印象派の絵画によく登場してます。

こんな時だからこそアートを

『富嶽三十六景』江戸時代後期 葛飾北斎浮世絵師北斎の名所絵集の一つで、代表作ですね。富士山はいつの時代も名所なんですね。浮世絵は、19世紀後半のヨーロッパでジャポニスムと呼ばれ人気となり、印象派の絵画によく登場してます。

こんな時だからこそアートを

「エミール・ゾラの肖像 」1868エドゥワール・マネオルセー美術館友人小説家ゾラにプレゼントしたものの飾ってもらえなかったらしいかわいそうなマネ。この頃流行っていたジャポニズムの影響で、琳派風の屏風とか歌川国明の浮世絵版画が描かれてますね。

こんな時だからこそアートを

「エミール・ゾラの肖像 」1868エドゥワール・マネオルセー美術館友人小説家ゾラにプレゼントしたものの飾ってもらえなかったらしいかわいそうなマネ。この頃流行っていたジャポニズムの影響で、琳派風の屏風とか歌川国明の浮世絵版画が描かれてますね。

こんな時だからこそアートを

こんな時だからこそアートを「運命の女神フォルトゥナ」フランスの国立図書館にある彩色写本の挿絵タロットの運命の輪のテーマでもあります。この女神フォルトゥナは教皇風の帽子を被り、顔が白黒で、目隠しまで。「運命は光も闇も内包し、幸せと不幸のどち…

こんな時だからこそアートを

こんな時だからこそアートを「運命の女神フォルトゥナ」フランスの国立図書館にある彩色写本の挿絵タロットの運命の輪のテーマでもあります。この女神フォルトゥナは教皇風の帽子を被り、顔が白黒で、目隠しまで。「運命は光も闇も内包し、幸せと不幸のどち…

こんな時だからこそアートを 

「パナッソス山へ」1932年100cmx126cmパウル・クレーベルン美術館色彩の魔術師と呼ばれるクレー小さな作品ですが、大きく見えます。「分裂主義」と呼んで点描と幾何学的要素、色を組み合わせて美しい画面を生み出しています。パナッソス山はギリシャ神話に出…

こんな時だからこそアートを 

「パナッソス山へ」1932年100cmx126cmパウル・クレーベルン美術館色彩の魔術師と呼ばれるクレー小さな作品ですが、大きく見えます。「分裂主義」と呼んで点描と幾何学的要素、色を組み合わせて美しい画面を生み出しています。パナッソス山はギリシャ神話に出…

こんな時だからこそアートを 

「パナッソス山へ」1932年100cmx126cmパウル・クレーベルン美術館色彩の魔術師と呼ばれるクレー小さな作品ですが、大きく見えます。「分裂主義」と呼んで点描と幾何学的要素、色を組み合わせて美しい画面を生み出しています。パナッソス山はギリシャ神話に出…

こんな時だからこそアートを

「イカロスの墜落」1975マルク・シャガールポンピドゥ・センターシャガール晩年の作品。イカルスはギリシア神話の人物でヨーロッパの画家の間で非常に人気。神話ではイカルスはエーゲ海に落ちますが、本作で赤い川。シャガールの故郷ユダヤ人地区の風景だそ…

こんな時だからこそアートを

「イカロスの墜落」1975マルク・シャガールポンピドゥ・センターシャガール晩年の作品。イカルスはギリシア神話の人物でヨーロッパの画家の間で非常に人気。神話ではイカルスはエーゲ海に落ちますが、本作で赤い川。シャガールの故郷ユダヤ人地区の風景だそ…

こんな時だからこそアートを

《日本の戦士と花瓶》 1905年オディロン・ルドン若い頃にロマン主義に触れ、後に象徴主義の代表へと。神秘的な絵を描いています。色彩が印象的。

こんな時だからこそアートを

「荘厳の聖母(サンタ・トリニタの聖母)」チマブーエ1285-86年 テンペラ385 x 223 cmフィレンツェ、ウフィツィ美術館ゴシック期のフィレンツェで活躍した画家。ジョットは彼の弟子とされています。「荘厳の聖母」は聖母マリアが赤ん坊のイエスを腕に抱き、天…

こんな時だからこそアートを

「荘厳の聖母(サンタ・トリニタの聖母)」チマブーエ1285-86年 テンペラ385 x 223 cmフィレンツェ、ウフィツィ美術館ゴシック期のフィレンツェで活躍した画家。ジョットは彼の弟子とされています。「荘厳の聖母」は聖母マリアが赤ん坊のイエスを腕に抱き、天…

こんな時だからこそアートを

『祈る手』1508年アルブレヒト・デューラーデューラーのデッサン力は素晴らしいんですよね。両手しか描かれていないのに祈りが表されてる。

こんな時だからこそアートを

『祈る手』1508年アルブレヒト・デューラーデューラーのデッサン力は素晴らしいんですよね。両手しか描かれていないのに祈りが表されてる。

こんな時だからこそアートを

「システィーナの聖母」ラファエロ・サンティ1513年 - 1514年頃カンバスに油彩265 cm × 196 cm (104 in × 77 in)アルテ・マイスター絵画館、ドレスデンキリストを抱いた聖母の絵画の下の方に2人の子供の姿の天使。有名ですね。特に名前があるわけではないん…

こんな時だからこそアートを

「システィーナの聖母」ラファエロ・サンティ1513年 - 1514年頃カンバスに油彩265 cm × 196 cm (104 in × 77 in)アルテ・マイスター絵画館、ドレスデンキリストを抱いた聖母の絵画の下の方に2人の子供の姿の天使。有名ですね。特に名前があるわけではないん…

こんな時だからこそアートを

「ヴィーナスの誕生」ポンペイの壁画 2世紀神話が近かった時代ですね。巨大な貝に横たわるヴィーナス。右側の羽が生えたクピド?鎌みたいなものを持つ左の人物はクロノス?ヴィーナスはやはり美しい

こんな時だからこそアートを

「バベルの塔」1563年頃ピーテル・ブリューゲル板に油彩114 cm × 155 cm ウィーン美術史美術館旧約聖書が題材。 「バベルの塔」を3点描き、現存は2点。その内、「大バベル」と呼ばれているのが、これ。ブリューゲルの建築、建造物に関する知見は広かったそう…