大阪、北区梅田のオーラソーマ®、クリスタルヒーリング、AEOS、チャクラトリートメント、アンコンシャスカラー®、数秘、タロット、西洋占星術 スクール&身体と心のためのスピリチュアルサロン 隠れ家的な静かな完全予約制の女性専用サロン

angelicaforsoul’s diary

大阪市北区のスピリチュアルサロン&スクール主宰ギータの日記

音の色〜カンディンスキー印象3

f:id:angelicaforsoul:20181006214730j:plain色は音を表す。
色はみる、感じるだけでなく、聴くこともできます。
例えば、この絵。
抽象絵画の父と呼ばれるカンディンスキーの「印象3(コンサート)」と呼ばれる作品。
この絵は、シェーンベルクのコンサートに行って構想を得たそう。
黒いピアノと聴衆、そして溢れる音楽の響き、会場の雰囲気が溢れるようです。
因みにこの絵を知った後、シェーンベルクのどの作品だろう調べてました。
「3つのピアノ小品」作品11だそうです。
このコンサート後、カンディンスキーシェーンベルクは書簡を通じて交流していました。
シェーンベルク、前衛的な音楽なんですよね。きっとクラシックと言えば、モーツァルトとか考えている人はぶっ飛ぶはず。
カンディンスキーのこの絵のアイデアの元がシェーンベルクと知ったときは、あーそうね、と思ったのを覚えています。
芸術を創るとはいわないけど、五感をフルに使って日常を楽しみたいですね。